スパークリングワインをお探しの方に正しい選び方と美味しいスパークリングワインの銘柄をご紹介しています。スパークリングワインは普通のワインと違って選び方がわかりにくいところもありますが、美味しいものを見分けるコツをご紹介しています。美味しいスパークリングワインを飲んでみたい方は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

正しいスパークリングワインの選び方を徹底解説

スパークリングワインを選ぶときの3大ポイント
赤スパークリングワインが断然おすすめ
赤ワインと白ワインでは赤ワインが高く評価されるのと同様に、スパークリングワインでも赤が高く評価されます。しかし、一般的に流通しているスパークリングワインはほとんどが白なので、赤を見つけたらぜひ確保していただきたいです。
無添加オーガニック栽培のもの
長期間に渡って熟成させるワインは、できるかぎり無農薬・化学肥料不使用で栽培されたオーガニック栽培のブドウを使用したものを選ぶべきです。安全性が高いとはいうまでもありませんが、雑味がなくクリアな味わいを楽しむことができます。
ボトリングの際にフィルター使わないもの
ボトリングの際にフィルターを使わずにノンフィルター方式でワインを造ると、旨みや香り成分がしっかりと残るため、香りとコクが芳醇になります。とくにスパークリングワインの場合は、泡がはじけることによって香りが飛んでしまうので、ノンフィルターの方が長く香りを楽しむことができます。

スパークリングワインおすすめランキング

ドミニク・ヴェルサーチ
マスターオブワインでしょうを獲得するなど高く評価されている最上級の赤スパークリングワインです。無添加オーガニック栽培にこだわっているので、安全性が高いだけでなく、とても希少性が高いワインです。ノンフィルター方式を採用しているので、旨み成分と香り成分が贅沢にボトルに詰め込まれています。泡が弾けるたびに芳醇な香りを楽しめ、口にすると深いコクのある味わいを楽しむことができます。
赤ワイン:○ 無添加オーガニック栽培:○ ノンフィルター:○
ローラン・ペリエ
1812年に創設された長い歴史を持つシャンパン・メゾン「ローラン=ペリエ」の白スパークリングワインです。高品質なシャルドネを原料とし、高い品質管理に基づいた伝統製法を行っています。独自のアッサンブラージュにより、深い味わいを実現していルところが魅力です。法定熟成年数の倍以上の時間をかけて、じっくりと熟成させている貴重なワインです。
赤ワイン:× 無添加オーガニック栽培:△ ノンフィルター:×
ポール・ダンジャン
英国王室御用達という実績のある白スパークリングワインです。英国王室に納入しているということもあり、品質面で高く評価されているところがポイントです。単体で飲むよりも食事の時に飲むことで、最高のパフォーマンスを発揮してくれます。食材の味わいを引き立てたり、シャープな果実味がお口直しとしても役立ちます。
赤ワイン:× 無添加オーガニック栽培:△ ノンフィルター:×

最高峰のスパークリングワインはこちら!

スパークリングなのに赤ワインのような味わいを楽しめるのが「ドミニク・ヴェルサーチ」です!
貴重な最高級の赤スパークリングワイン
⇒ 赤スパークリングワインというだけでも希少性が高いですが、ドミニク・ヴェルサーチはマスターオブワインからも絶賛され、賞を受賞するなど品質も高く評価された最高級の赤スパークリングワインです。
無添加オーガニック栽培だから安心で美味しい
⇒ 無農薬・化学肥料不使用のオーガニック栽培のブドウだけを使用しているので、安全性が高く、雑味のないクリアな味わいを実現しています。頻繁にワインを飲むなら、残留農薬も健康に影響しますので、無農薬というのはかなり安心できます。
ノンフィルターだからコク深く香りが豊か
⇒ ノンフィルター方式で作られたワインなので、香り成分と旨み成分を余すことなく、ボトルに詰め込んであります。スパークリングなので、はじけるたびに芳醇な香りを楽しむことができますし、その香りが長持ちするところが魅力です。

最上級の赤スパークリングワインを安全に楽しめるのは完全無農薬の「ドミニク・ヴェルサーチ」だけです!